<< 文章をもう少し追加 | LyXグラフィカルツアー | 数式 >>

さて、もう少し内容を加えました。今度は、画像を入れる準備をしましょうか。
Insert(挿入)→Floats(フロート)を選択してください。
そして下位メニューから「Figure(画像)」を選択します。
すると、フロート・オブジェクトが画面に現れます。
「Figure #:」のラベルの後にキャプションを入力します。
今度は、キャプションの先頭にカーソルを置き、(キャプション上に行を作るために)リターンを押した後、Insert(挿入)→Graphics(画像)をクリックして、画像本体を挿入します。するとGraphics(画像)ダイアログが出現します。
ファイルブラウザを使って、挿入したいEPSファイルを見つけます。−−−ところで−−−LyXは、複数の画像形式をサポートしており、それらを自動的にLaTeXやPDFTeXが要求する形式に変換してくれるのです。
ダイアログ中では、scaling(伸縮率)やrotation(回転角度:0は何もしないということです)やその他を設定して、目的に合わせることができます。
LyXは、画面上にも画像を表示してくれます。
本文中でこの画像を参照したいものとしましょう。粗暴な方法としては、この図に「第1図」と名前をつけて、本文中に「第1図」と書き込む方法もありましょう。しかしその後、この図の前に図を付け加えてしまったとすると、すべての図の名前を振り直す羽目に陥ってしまいます。LyXには、洗練された相互参照システムがありますので、わざわざこのようなことをする必要はありません。ただ、キャプションの後にカーソルを置いて、Insert(挿入)→Label(ラベル)をクリックし…
…ラベル鍵を入力してください。「fig:platy」という灰色の小箱がキャプションに表示されて、この図にラベルが貼られたことを示します。この小箱は、印刷版には表示されません。
さて、この図を参照させたい文を見つけて、「第○図を参照」のように入れてみましょう。Insert(挿入)→Cross Reference(相互参照)をクリックしてください。
LyXに図の番号を参照させるために、「Insert Reference(参照を挿入)」を選択してください。参照を示す灰色の小箱が新たに現れます。LyXが番号順を数えているので、あなたは、LyXにこれが第1図だなどと指図する必要はありません。「fig:something」のような命名の慣習規則にしたがえば、LyXはもっと賢くなります。「figure 1.2 on page 6(6ページの第1.2図)」のような複雑な参照を自動的に挿入することができるようになるのです。
今度は、表を挿入してみましょう。Insert(挿入)→Tabular Material(表要素)を選択してください。
それから、必要な行数と列数を選択してください。文書中に小さな碁盤目が現れます。
枡目のあいだをマウスやカーソル鍵で移動しながら、各要素を入力してください。
表中の罫線が全部は要らないものとしましょう。表を右クリックすると、表ダイアログが現れます。
Borders(罫線)タブで、必要な形になるように罫線ボタンを操作します…
…たとえばこんな風に。
------------------------------------------------------------

<< 文章をもう少し追加 | LyXグラフィカルツアー | 数式 >>