Recent Changes - Search:

詳しく知りたい

サポート

貢献する

開発状況

Languages:   English   Japanese   Magyar   Español   Francaise   Deutsch   Русский

参加するには

LyXは、すばらしいソフトウェアを無料で万人に利用できるようにしようとするオープンソースプロジェクトの一つです。LyXは、世界中のボランティアによって開発されています。作業は空いている時間になされ、最善が尽くされていますが、あなたからの改善の手助けをつねに必要としています。あなたがプログラマーであるかどうかにかかわらず、あなたの技能を役立てることができます。もしLyXに手助けをするにはどうしたらいいだろうかとお考えならば、電子メールを開発者用メーリングリストに送ってくだされば、よろこんでアイディアを出し合います。

1.  お金にちょっとだけ余裕があります?

LyXの奮闘に対して支持を表明されたいならば、寄付を通じて表明することを考慮していただけませんか。浄財をノルウェーに送る方法や、あなたの寄付が何を支えることになるかの情報に関しては、寄付のページをご覧になるか、Lars Gullik Bjønnesにメールを送ってください。

2.  C++あるいはPythonをご存知ですか?

LyXの開発を手伝いたいのですが - FAQ

もしあなたがプログラマーで、C++あるいはPythonでプログラムを書くことができるならば、コード作成に助力することを考慮していただけませんか。次期バージョンの主要な目標を説明したページと、ユーザーからの作業および機能の要望を列挙したページを用意しています。私たちは、これらの機能をいずれかの時点でLyXに取り込みたいと考えています。お気軽に私たちに連絡をとってお尋ねください。手始めに、バグ追跡ページに列挙してあるバグのいくつかを眺めてみるとよいかもしれません。バグのうちいくつかには、「easyfix」というキーワードが付されており、これらは、新規の参加者でも容易に取りかかることができるでしょう。

まずは最新のgitバージョンを入手し、コードを眺め、取り組みたいところがないか見てみてください。LyX開発者用メーリングリストに連絡をくだされば、私たちが仕事に取りかかる手助けをしましょう。

リファレンスページは忘れずに見ておいてください。このページには、開発者のデザイン文書や推奨される一連のコード・リファレンスなどが含まれています。

3.  あなたはLyXのパワーユーザーだったり熟練ライターだったりしませんか?

もしあなたがLyXの熟練ユーザーならば、文書化の努力に助力してくださろうと思うかもしれません。LyXの取扱説明書はすでにひじょうにいいものとなっていますが、LyXの開発は、文書化チームが追いつけるよりも速く進んでしまっているのです。ですから、あなたがLyXの使い方をご存知だったり、学びたいとお思いならば、gitから最新の説明書を入手して『初めの一歩』を読んでいただければ(LyXのヘルプメニューにあります)、文書化の努力にどう貢献したらいいかの情報が載っています。

LyXを熟知している方に助力していただける今ひとつの方法として、ユーザー用メーリングリストを購読して、質問に対する回答の手助けをしていただく方法があります。

4.  英語と他の言語の両方をご存知ですか?

LyXプログラムとその説明書は英語で開発されています。しかし、多くのLyX開発者およびユーザーは、英語以外の言語を読み書きしています。LyXの国際化に対する貢献は、いつでも歓迎しております。手助けとなる様々な方法をご覧になるには、翻訳ページをご覧ください。

5.  空きのディスク領域とバンド幅がありますか?

FTPダウンロードのミラーサイトとして、ディスク領域とバンド幅をご寄付ください。

6.  グラフィック/ウェブデザインの経験がおありですか?

私たちは、ウェブサイトとソフトウェアの操作性をよくするために、グラフィックデザインの技能を持つ方を歓迎しております。もしあなたの芸術的才能を貢献していただけるならば、開発者用メーリングリストに電子メールを送ってください。

7.  アイディアをお持ちですか?

新機能について素晴らしいアイディアをお持ちであったり、LyX一般についてコメントがおありならば、私たちと共有させてください。ユーザーからのフィードバックが多くなればなるほど、開発努力における優先順位をどのようにすればよいか、私たちはより良く知ることができるのです。

Edit - History - Print - Recent Changes - Search
Page last modified on November 04, 2012, at 06:06 PM